知財戦略

知財戦略

広告ブロッカーの法的問題と広告のあり方

広告ブロッカーの使用は刑事上違法ではなく、民事上は各動画サイトのルールに依る。基本は広告を見なければ業界全体として損するが、時に見るに堪えない不快な広告な過大広告もあり、そうした広告は通報により、削除依頼するのが筋である。
知財戦略

無形資産を企業価値創出につなげるためのバランス思考

無形資産単体の企業価値創出は測りにくく、事業活動をベースに測定するべきであるが、その後、的確にマネジメントするためには、事業を個々の資産に分解して、それぞれの貢献度やシナジーの程度を把握して、企業価値創出の根源に近いものから守る必要がある。
知財戦略

二次著作の活用法と侵害対策

二次著作は、ダイジェストの公開により、一次著作への関心を惹きつける意義もあるが、ただ乗りされるリスクもあり、特に生成AIによる量産が脅威である。そのため、知的財産法とAI双方に詳しい専門家に早めに相談しながら適切に対応する必要がある。
知財戦略

AIモデル活用のメリット・デメリット

AIが生成した架空モデルの活用が進んでいる。架空なので、スキャンダルリスクがない反面で、ストーリー性もない点にデメリットもある。その他いろいろ課題はあるが、今は期待優先で活用が進められている。
知財戦略

ドラマは二次著作。その作り方のポイント

セクシー田中さん事件の報告が日テレからあがりましたがまだまだ鎮火は先のようです。その理由はPと脚本家が反省していなから。これまでの実務がどうだったかに関わらず著作権法ベースでどこまで良くて何が悪かったか公開しなければ騒動は終わらないでしょう。
知財戦略

皮肉な逆転現象!「キャラ弁」などをめぐる著作権の仕組み

著作権侵害はジェットコースター。上手いほうが損をする。私的利用はOKだがSNSはダメ。しかし、インフルエンサーは著作権者から優遇される。逆転に次ぐ逆転が生じるため、「経験がある」ではなく「経験が豊富」な専門家に頼まなければ痛い目に遭う。
知財戦略

AFURIのケースを「参考」に、新商品開発の商標の取り扱いに関する戦略や実務の流れを解説

AFURIのケースを題材に商標出願の基本を解説します。ご不明点がありましたらお問合せフォームよりお問合せください。
知財戦略

泳がせる?締める?著作権管理の加減

著作権管理は難しく、現代的に重要性が増しています。まず著作権が成立する範囲が難しく、さらに、例えばゲーム実況等は一定範囲で認めた方がよいケースもある反面で、ネタバレなどは厳しく取り締まらなければ本体商品の売上が落ちてしまいます。メリハリが大変重要です。
知財戦略

ブランドの構成要素を特定して磨こう

ブランドは同じモノを高くうるための大事なツールである。おしゃれさや接客サービスなど、構成要素に落とし込んでそれぞれの構成要素の品質を高めることでブランド価値あ高まる。サービス品質や生活さなど油断するとすぐに品質が落ちてしまう要素に要注意である。
知財戦略

始めてみよう、商標を活用したマルチブランド戦略

個人顧客の嗜好は幅広いため、商品を細かく作り分けて、異なるブランド名を付してお客に識別してもらうマルチブランド戦略が有効です。ブランド自体は法的に保護されないため商標権を取る必要があるが、決定したら迅速に対応し、わかりやすい商標とすることが必要です。
タイトルとURLをコピーしました