リスクマネジメント

リスクマネジメント

個人情報漏洩が過去最高。社内リスクマネジメントの基礎とは?

個人情報漏洩対策は大変難しく、まずは1から従業員教育をする必要があります。その中で、漏洩対策の基本が相互監視にあり、同僚を疑う必要があることを浸透させるには大変な苦労がかかるため、早めに専門家の意見も聞きながら大胆に対応することが求められます。
リスクマネジメント

リスクマネジメント対応弁護士が絶対に相談を受けない企業

リスクマネジメント以前の企業の特徴がいくつかある。結論ありきでそれを押し付けてくるパターンや、納得のいく結論を求めるパターンなどで、専門家に相談する以前にそのような傾向がないかをチェックすることが企業のリスクマネジメントの第一歩である。
リスクマネジメント

自然災害時のリスクマネジメント

自然災害はコントロールできないため、そのリスクマネジメントは大変であるが、契約条項でコントロールできない範囲を限定し、その余を損害保険でカバーするのが合理的な対処法である。
リスクマネジメント

JR東のカスハラ対策

カスハラにずっと付き合うのは自殺行為。モンスターを定義したうえで、どこまで対応するかまず決める必要があります。その先は、粛々と対応拒絶して他の顧客を守ることに専念し、モンスター対応は顧問弁護士に任せるのが得策です。
リスクマネジメント

攻めの人材と守りの人材の公平な評価

人事評価を誤ると優秀な従業員の離職を招きがちである。とはいえ、公平な基準策定は難しいが、攻めと守りを分けて、部署ごとに個別に評価をしたうえで、不公平が生じないよう、全体のバランスを調整する手法が1つ有益である。
リスクマネジメント

クレームは現場対応ではなく本社集中で対処せよ

クレーム情報は、自社が十分に対応できていない箇所を知るなど、リスクマネジメントの観点から有用である。低賃金労働者が、クレームを苦にして辞めないようにするためにも、本社で一括管理して企業の発展につなげていくのが望ましい。
リスクマネジメント

宝塚歌劇団の出願減少に見る、組織の「誰を守るか」

宝塚歌劇団事件の明確な失敗を題材に、リスクマネジメントの基本を整理します。明白な悪手は、短期的な視点で根回しと予定調和を優先することで、死亡事故などの重大案件ではとにかく誠実な対応を心がけることが中長期的な組織の存続に直結する。
リスクマネジメント

戦術としての「嘘」とタブーな「嘘」

大谷選手は何を話すか 大谷選手の通訳が違法賭博に関する自身の債務弁済のために大谷選手のお金を送金した件について明日、報道陣の前で話をします。 報道内容が割れている通り、この対応にはいくつかのパターンがあり、大谷選手がどのルート...
リスクマネジメント

悪質なフィッシィングメールやダイレクトメールの元をたどる方法

フィッシィング詐欺対策としては、メールアドレスを登録する必要のない場面ではダミーアドレスを躊躇なく入力することと、やむをえず本アドレスを入力する際は、仕事用アドレスは絶対に論外で機密資料を扱わないPC、アドレスを入力することです。
リスクマネジメント

昭和気質はもはや絶対悪。改善未了の組織はお早めに

ハラスメントなど上下関係絶対のルールはすべて撤廃しましょう。もしトップがこれを拒むのであればメディアにリークして批判してもらうのも一策です。
タイトルとURLをコピーしました