リスクマネジメント

リスクマネジメント

悪質なフィッシィングメールやダイレクトメールの元をたどる方法

フィッシィング詐欺対策としては、メールアドレスを登録する必要のない場面ではダミーアドレスを躊躇なく入力することと、やむをえず本アドレスを入力する際は、仕事用アドレスは絶対に論外で機密資料を扱わないPC、アドレスを入力することです。
リスクマネジメント

昭和気質はもはや絶対悪。改善未了の組織はお早めに

ハラスメントなど上下関係絶対のルールはすべて撤廃しましょう。もしトップがこれを拒むのであればメディアにリークして批判してもらうのも一策です。
リスクマネジメント

名誉棄損問題に巻き込まれないための対応策

名誉棄損問題は被告が真実性の証明ができるかがカギで、バトル・オブ・証拠の争いになる。証拠を残しにくい密室には入らないのが当然の時代が来そうである。
リスクマネジメント

インボイス制度で予想される脱税の手口

インボイスに対応できずに制度が開始するとおそらくとるであろう脱税手法は簡単にわかります。非対応業者同士の取引を「なかったことにする」ですが、これは資金移動を見れば一発でわかります。事業者は腹を括ってインボイスを導入することをお勧めいたします。
リスクマネジメント

ケース別リスク管理の勘所

リスクマネジメントの基本はいつの時代でも、リスクを想像し、地道に対処することです。人単独のリスクは比較的わかりやすいが、機械が絡むと複雑になり、機械を使用した故意犯はかなり悪質なリスクとなるため、まずは従業員教育と相互監視体制の整備は不可避です。
リスクマネジメント

東日本大震災旧の災害を前提にBCMを考えてみよう

BCM作成の重要性が増しています。その策定プロセスとしては、まずは自社の社会責任を確認のうえで、優先して復旧させるべき機能を把握し、そのために必要なリソース(設備・システム・人など)を確保する手段を予め定めておくことが重要です。
リスクマネジメント

サプライチェーンのリスクマネジメントの勘所

サプライチェーンのリスクマネジメントは、自社でコントロールできない部分もあり難しいですが、リスクマップを作成し、タイムラインで誰がどのように対応するか予め定め、さらにリスクの発生時期や確率を丁寧に読み取ることで慎重に対応すべきと考えます。
リスクマネジメント

意外と知らない、リスクマネジメントと危機管理の違いと使い分け

リスクマネジメントと危機管理は別物です。前者はリスクを認識して対処法を整理する手続であるのに対し、後者は残されたリスクに対し、どのように企業価値を守るか、BCMを構築するプロセスなどが含まれます。違いをふまえて前半はRM、後半は危機管理の観点で使い分けることが必要です。
リスクマネジメント

拠点分散がリスクマネジメントになる理由

なぜ拠点分散がリスクマネジメントになるかというと、電力や人材などの供給が不安定なこの拠点を分散していれば企業全体の活動を止めずにすむ点が大きい。いずれにもメリット・デメリットはあり、業種によってもその度合いは大きいが、人材と顧客確保の観点から分散を選ぶのも一手である。
リスクマネジメント

リスクマネジメントの種は商売の種でもある

リスクマネジメントを考えると、ついつい受け身に守りの意識が高くなりがちであるが、例えばESGの脱炭素のように、皆が取り組むなら一大商機になるケースもある。決して守り一辺倒ではなく、いち早くリスクに対応し、そのノウハウを共有することで攻めに活用する意識も大事である。
タイトルとURLをコピーしました