離婚

熟年離婚、判断のカギは?

熟年離婚が増加しています。その判断背景には、貯金残高がまず気になりますが、意外に、①相手がいつまで働くか、②正常なコミュニケーションを長く続けられそうか、③子どもの帰る場所を確保できるか、が重要で、こうした事項もふまえて老後設計することが重要です。
コンサルティング

入口を広くする必要があるなら出口も広げよう

キックボードビジネスを進めるうえでは、いかに早く多くの潜在顧客にアプローチするかが重要で、多くの利用者が正確なルールを把握しないまま利用を開始する。しかし、企業には社会内での事故を増加させない社会責任もある。ビジネスの都合上、入口を広げざるをえないのであれば、軽微な違反でも点数制で退場を促すなど出口も広げてバランスをとることが考えられる。
相続・事業承継

空き家を相続放棄するか否かの判断ポイント

相続放棄件数が過去最高を記録しました。背景には、相続登記義務による負担増加があると考えられます。しかし安易に相続放棄すると大事な相続財産まで放棄を余儀なくされるケースもあり、どのような場合には相続し、どのような場合には放棄すべきかの判断ポイントを総合的に紹介しています。
コンサルティング

パワハラ・いじめ体質の組織の変え方

いじめやハラスメントのある組織はその存続があやぶまれる大きなリスクを抱えている。代表者からの繰り返しの改革の意思表示や、外部人材登用により刺激を与えること、反対分子の排除など、改革のネックを1つずつ潰していくステップを踏む必要がある。
顧問契約

休みを増やすか給料を増やすか

休暇と賃金を同時に増加させることは一見相反しているようでそうではない。従業員を1つの仕事に専従させるのではなく多能工化することで互いにフォローできる体制を作り、タスク期限を厳密に管理してダラダラした仕事環境を作らないことにより、労働生産性を上げるべきである。
リスクマネジメント

宝塚歌劇団の出願減少に見る、組織の「誰を守るか」

宝塚歌劇団事件の明確な失敗を題材に、リスクマネジメントの基本を整理します。明白な悪手は、短期的な視点で根回しと予定調和を優先することで、死亡事故などの重大案件ではとにかく誠実な対応を心がけることが中長期的な組織の存続に直結する。
コンサルティング

タイパが要求される時代だからこそ講演内容にECRSを!

タイパが要求される世の中、従前の無駄に長い授業や講演は評価されない。より良い講演をするためには、ECRSの原則に従い、徹底的に無駄を省く、他人や自分の他の専門分野とコラボする、冒頭に興味深い内容を持ってくる、全体的にそして最後をシンプルにする、という試みが必要である。
リスクマネジメント

戦術としての「嘘」とタブーな「嘘」

大谷選手は何を話すか 大谷選手の通訳が違法賭博に関する自身の債務弁済のために大谷選手のお金を送金した件について明日、報道陣の前で話をします。 報道内容が割れている通り、この対応にはいくつかのパターンがあり、大谷選手がどのルート...
コンサルティング

育児休暇の活用は企業と従業員にどのようなプラスをもたらすか

育児休暇促進はESGの観点から好手であり、これに限らず、働きやすさを訴求することが企業の継続的な成長につながる。
リスクマネジメント

悪質なフィッシィングメールやダイレクトメールの元をたどる方法

フィッシィング詐欺対策としては、メールアドレスを登録する必要のない場面ではダミーアドレスを躊躇なく入力することと、やむをえず本アドレスを入力する際は、仕事用アドレスは絶対に論外で機密資料を扱わないPC、アドレスを入力することです。
タイトルとURLをコピーしました