tomtom

リスクマネジメント

ハラスメントだと社外に訴えられたらすべきこと

ハラスメント対応は難しく、昔ながらのやり方では大きく失敗してしまう可能性が高い。受け手の評価のウェートが大きく多元的な意見の集約が必要であるため、早めに幅広い層の意見を集約し、専門家も入れて、組織を前向きに変える施策を意識すべきである。
コンサルティング

評価者は複数名置いてチェック可能な体制に

一人の上司が部下を全員評価するのは比較しやすいが不満も溜まりやすい。複数評価制にすることにより評価を平準化するとともに、不満のはけ口を用意したり、キャリア相談の幅を広げることにより、若手の退職を先手で防止し、定着を促す可能性を増加させよう。
離婚

ペアローンはリスクをきちんと理解して契約を

ペアローンはメリットもデメリットも大きいので注意が必要です。まず、相方の支払が滞ると破産の危険が生じること、居住が条件であり、転居や賃貸が制限されることを覚えておく必要があります。そのうえで、離婚時にも別居ができないことがかなり不便です。
コンサルティング

SDGsへの取り組み方とその効果

SDGsに取り組む企業は、将来的に長く成功するという期待が高まり投資を受けやすいが、短期的にも取引パートナーに選ばれやすいというメリットがある。自社にできる取り組みを理念に落とし込んで長期間続けるとかなりのメリットを得られる。
離婚

離婚するにあたって離婚原因よりも先に整理しなければ公後悔する、弁護士が気づきにくいFPの視点

離婚する際に、ついつい相手に責任があると主張して、攻撃に重点を置きがちですが、離婚後の生活費の確保がこそ最も重要であり、仲の良いタイミングに話し合って養育費等を多めにもらう戦略の方が最終的に時であり、柔軟に対応するのも重要である。
知財戦略

広告ブロッカーの法的問題と広告のあり方

広告ブロッカーの使用は刑事上違法ではなく、民事上は各動画サイトのルールに依る。基本は広告を見なければ業界全体として損するが、時に見るに堪えない不快な広告な過大広告もあり、そうした広告は通報により、削除依頼するのが筋である。
相続・事業承継

事業承継にはタイムリミットがある!さもなくば倒産まっしぐら

事業承継には時間がかかるため、現経営者が元気なうちに概ね形を作らなければならない。さもなくば、経営者の衰えとともに、赤字転落し、そうするとM&A先も、銀行などの支援も遠のいてしまい、事業再生もままならずに倒産一択に偏ってしまうためである。
事業再生

学習塾の倒産件数急増に見える経営戦略

学習塾の倒産が増加している。教育産業は利益率が高いのが魅力だが、競争が激しく、優秀な講師の確保が生命線を握る。これは人的資本への投資と定着の重要性そのものであり、サービス産業こそ、優秀な人材の確保と成長への投資を怠ってはいけない。
離婚

コロナ禍で夫婦関係に生じた些細だが大きな火種に発展しやすい歪み

コロナ禍の様々な制限で、これまで見えなかった相方への不満や不信が見えてしまい、今なお引きずっている方も多いようです。ただ、即離婚というのは早計で、離婚できるかは今の話で、まずは関係改善の手を講じたうえで、その後の事を考える必要がある。
相続・事業承継

建物の相続は同居親族に!相続税と空き家対策を一挙解決するために

建物の相続は管理を要するためもめ事に発展しやすい。相続税法上、同居人が建物を相続すると大幅な節税になり、空き家対策の面でも同居人が単独相続するのが望ましい。建物の優先順位は上位にも下位にもなり得るが、まず建物の承継を決めるのが望ましい。
タイトルとURLをコピーしました