コンサルティング

コンサルティング

安売りが悪手なこれだけの理由

安売りは実は弊害が大きいです。安かろう悪かろうと勝手に品質への信頼を損ねてしまったり、横柄な客が増えたり、損失が増えるなどです。安売りの目的は知名度アップや高価品の同時購買だと思いますが、そうした目標に合わせて的背うな工夫をこらすことが大事です。
コンサルティング

DXに取り組まないリスク

DXが面倒くさいという声はしばしば聞きますが、DXに取り組まなければ、ちょっとしたミスが原因で損害賠償請求されたり、小さい誤魔化しに気づかずに騙されたり、雑用が多くなることを理由に若手社員が離職したりするリスクが高まるため、早めの対応が望ましいです。
コンサルティング

ケース別:賃上げのパターンと見破り方

賃上げをすると表明する企業は8割ほどあるようですが、賃上げをする前提として値上げによる価格転嫁ができていなければならないことなどをふまえると、多くは実態の乏しいアリバイ作りと想定され、真の賃上げを見抜く力が今後ますます求められます。
コンサルティング

中小企業は「サービス品質」で勝負せよ

売上増加はどのような企業にも共通の課題ですがまずは既存顧客の囲い込みを高いサービス品質の提供で狙うべきです。良い口コミを獲得できればそれが新規顧客獲得の源泉となりやがて中長期的に安定した集客を見込めるブランドへの昇華が見込めるようになります。
コンサルティング

値上げを小出しにするメリット・デメリット

1年間で3度も値上げする商品が結構多いです。いきなり大きく値上げするのではなくこうして小出しに値上げする背景には、顧客の抵抗感を和らげる、感度分析を行う、要因別の影響の割り当てなどのメリットがある反面で、現場に混乱をもたらし得るというデメリットがあります。
コンサルティング

優秀で内定辞退しない学生を確保するために注目すべき点

採用活動が年々激化している。その中で及第点狙いの学生をとらないことが必要で、能力は高いが扱いにくい学生は、育成プランを描けるかどうかで採否を決めるべきである。内定辞退の阻止は原則違法となるため、ストレートに企業の魅力を磨くことに重点を置くべきである。
コンサルティング

もしも経営コンサルタントが10年甲子園から遠ざかっている強豪校の監督になったら

優秀なメンバーの集まった組織なのに成果が伴わないケースがある。その背景には過去の成功体験に捉われすぎなケースと、失敗に慣れすぎなケースとがある。対策は、意識改革と組織の分離である。すなわちトップダウンで変革の必要性を説得するか変革に特化した新組織を構築するかである。
コンサルティング

売り切り型ビジネスの事業転換の実践的手法

売り切り型ビジネスには限界がある。そこで、例えば機械の売り切りではなく事後的なメンテナンスも含めて定期サービスを付加することで、ストックビジネス化したり、サブスクリプションを活用する手法が注目を浴びている。課題はあるが、思い切って転換することが大事である。
コンサルティング

異業種コラボは思わぬ潜在顧客を発掘する大チャンス

コラボ企画が増加している。例えばサプライチェーンの上流の取引先と原価の作りこみを行ったり、下流の、より最終顧客に近い取引先と性能アピールをしたり、セット販売すると便利さが増すコラボも考えられる。実施においては契約内容に留意が必要であるが、積極的に行うのが望ましい。
コンサルティング

自社に貢献する人材はこうして見極めよ

採用にあたっては、自社のファンを優先する動きが高まっている。しかし、面接においてはこうした主観的な感情よりは客観的な事実を優先した人の見極めを行う方がよい。自社のファン度は入社後も高めることができるし、入社後に継続的にこれを高め続けることが大事である。
タイトルとURLをコピーしました