コンサルティング

コンサルティング

評価者は複数名置いてチェック可能な体制に

一人の上司が部下を全員評価するのは比較しやすいが不満も溜まりやすい。複数評価制にすることにより評価を平準化するとともに、不満のはけ口を用意したり、キャリア相談の幅を広げることにより、若手の退職を先手で防止し、定着を促す可能性を増加させよう。
コンサルティング

SDGsへの取り組み方とその効果

SDGsに取り組む企業は、将来的に長く成功するという期待が高まり投資を受けやすいが、短期的にも取引パートナーに選ばれやすいというメリットがある。自社にできる取り組みを理念に落とし込んで長期間続けるとかなりのメリットを得られる。
コンサルティング

DXの担い手は誰?

DX化を進めるためには、特定の部署に丸投げはご法度で、経営陣もサポートしながら、少しずつ全社員に理解を求め、その波を広げていくことが大事である。特定の専門家や組織に任せきりでは組織内のコンフリクトを生むだけでなかなか前に進めない。
コンサルティング

フランチャイズは増やせばよいというものではない

コンビニとの差別化のために付加価値の追求が必要であるが、付加価値の程度が低いと結局、競合との争いとなるため、こうした場合に希望観測で全国展開や大規模なフランチャイズ展開を目指すと大やけどの危険が非常に大きくなるため注意が必要である。
コンサルティング

国家公務員の東大卒比率が急低下!今、最も人気の低い企業の特徴とは?

国家公務員の東大卒比率が急減している。背景には、①雑用が多い②残業が多い③電子化が遅い④上下関係が厳しいなどの理由があり、一般企業もこうした昭和の負の遺産はさっさと除去して若手が働きやすい職場の構築に注力すべきである。
コンサルティング

「現状維持」の目標設定を侮ってはいけない

現状維持の目標設定は緩く感じられるときもあるが、外部環境が逆風の際や、コアメンバーを攻めの部署に集めた際などには適切である。目標設定は重要であり、こうした変化をふまえた常識的な対応が不可避である。
コンサルティング

二刀流人材は採用すべきか

二刀流は大谷選手だから実現できたのであり、軽々しく目指すべきではない。社会に求められるのは高い専門性であり、まずは1つめの専門性を磨くことに注力するのが唯一無二の答えである。大谷選手になりたければまずは打者か野手か一方で最速でプロレベルに専門性を磨く必要がある。
コンサルティング

キャベツが高騰すると、ホイコーロー屋はどうすべきか?

キャベツが値上がりして回鍋肉が出せない場合、提供を中止するか値上げするかが一般的であるが、他にも手法はいくつかある。短期的なキャッシュフロー戦略だけでなく、中長期的な戦略も含めて検討することが望ましい。
コンサルティング

「価格戦略」は奥が深い

ある商品が売れても、その価格を維持しようとするのは悪手で、原価が増大する流れに合わせてうまく営業も駆使しながら、値上げをしていくかが大きなポイントとなる。原価は右肩あがりであり、これに合わせてどう値上げのタイミングを図るかにかかっている。
コンサルティング

開発バカになってはいけない!「コンテンツ廃棄損」の教訓

スクウェアエニックスが計上したコンテンツ廃棄損は、先行開発の難しさを物語っている。シーズベースではなく、次にどのようなゲームが流行るかを想定して、マーケットインの志向を開発者にも植え付けて、合理的な開発活動を行っていく必要がある。
タイトルとURLをコピーしました