リスクマネジメント

リスク移転・回避策の賢い構築法

リスクの移転・回避策として損害保険などが存在しても、その採否にあたっては、法律・会計・税務・データ分析が必要となることも多く、多岐にわたる分析が櫃王です。当研究所では広い専門性を有するスペシャリストがその横断的なサポート業務を提供しています。
リスクマネジメント

不正調査は弁護士×公認会計士×データサイエンティストにお任せ

当研究所では、データサイエンティスト資格を有する弁護士・公認会計士が、法的枠組み・会計的枠組み双方の観点から緻密な分析力を駆使して、詳細な不正調査を行い、実効性の高い再発防止策を策定のうえ、事後的なモニタリングまで一気通貫で対応いたします。
リスクマネジメント

不祥事対応の経験者が推奨、よその悪い事例から自社の正すべき点を把握せよ

リスクマネジメントとしての不祥事対応は不祥事発生前から始まっている。当研究所では、経営やITにも詳しい弁護士が様々な不祥事事案を参考に、御社の弱点を早期に見抜いたうえで、先手をうった改善策をご提案いたします。大事になる前に早めのご相談を。
リスクマネジメント

リスクマネジメントのプロが指南 リスクを不用意に膨らませて炎上させないためのマネジメント

増加している炎上事案の原因は、初期対応とゴール設定の甘さにある。最初から自社に都合の良い結論を目指していては、かえって、「狡い」と、世間一般の批判を受けかねない、不正対応経験豊富な弁護士・公認会計士が複数のスキルを用いてこの点の改善を目指す。
リスクマネジメント

リスクマネジメントのセオリーと落とし穴を複数の専門家の観点から分析

リスクマネジメントの一般的な手法を、不正対応に詳しい弁護士・公認会計士が一般論を中心に簡潔に解説する。そのうえで、リスクマネジメントはどうしても近視眼的になりがちであるため、幅広い分野に専門性を有する者に早めに相談することが望ましい。
リスクマネジメント

リスクマネジメントのプロが伝授する、文書は想像力を働かせて慎重に作成せよ!

東京マラソンや知床事故の件などを参照に、規約類の慎重な作成の必要性を具体例を交えつつ弁護士が解説する。セオリーは、想像力を働かせて、様々なケースの場合にどう処理するのか、具体的に書き込むことが重要であり、当研究所ではその観点で契約書等の高度化に努めています。
リスクマネジメント

リスクマネジメントの具体的な手順

リスクマネジメントの種類を説明したうえで、企業のおかれた状況に照らして最善の対策を講じる必要性を説明した。当研究所では、意見出しから、リスク対応の手法の選択、その後のモニタリングまで、弁護士・公認会計士としての豊富な経験を活用したサービスを提供しています。
リスクマネジメント

不祥事対応を通じたさらなるリスクマネジメント

不祥事対応の一般的なプロセスとして、発覚・調査から是正対応・公表まで順に説明する。基本は、事実の正確な把握、どの範囲で事実を明らかにするかの判断、再発防止策の抜本性の判断を誤らないことです。当研究所では、経験豊富な弁護士・公認会計士が対応いたします。
リスクマネジメント

従業員から思わぬ反乱が起きないように外部弁護士×公認会計士の活用を!

企業の炎上ネタが従業員や元従業員から漏れることが多い。これを防止するためには、従業員の働きやすさをより追及するほか、外部通報窓口を設けるのが有効です。当研究所では弁護士・公認会計士が従業員の不満の外部の受け皿となり、適切な防止策を講じます。
リスクマネジメント

グループシンクに陥らないよう、専門家の教育者としての活用を

役員の肝いり事案など、プロジェクト実行ありきでまともなリスクマネジメントの検討が行われないグループシンク(浅慮)事案は何としても回避すべきである。そのためには、広い知見を有する専門家が入り、教育しながら積極的な意見出しを促し、高度化するのが有効である。
タイトルとURLをコピーしました