離婚

離婚

離婚弁護士が指南、離婚は衝動的にではなく計画的に

弁護士兼FPが離婚を計画的に進め、将来の生活の安全と安定を確保します。まずは事前相談で十分な証拠をそろえてからアクションを起こすことができ、調停の合間を活用してCFPが離婚後の生活設計の相談に応じます。離婚相談はまだ数少ない弁護士×CFPへ。
離婚

離婚は法律以外が9割

離婚手続は、離婚に向けた準備期間でもあり、当研究所では離婚手続だけでなくその後のライフプランニングのお手伝いまで対応しています。メール相談で事前準備を十分に行い、離婚手続中に離婚後の生活設計を充実させることで安心安全な離婚成立を目指します。
離婚

離婚弁護士が解説!別居する前に証拠を抑えよ

離婚の争いにおいて必要な証拠とその重要性をケースごとに整理した。場合分けしたうえで、具体的に必要な証拠を列挙するとともに、特に不倫の直接証拠が入手できない場合、性格の不一致を争われた場合、どのような証拠が必要となるかも合わせて整理した。
離婚

退職金の財産分与

退職金が財産分与の対象となるか、どのように戦略を組み立てればよいかを弁護士が場合分けして解説する。退職金が未支給でも支給される見込みが高い場合には財産分与の対象とすることができる。さらに、金額が未確定の場合にも、分与額を算定する手法が判例上しめされている。
離婚

離婚時にちょっと工夫するだけで得する/損するポイント

離婚はいつアクションを起こすかが重要なものがいくつかある。弁護士がその点を解説し、お得な離婚決断時期を説明する。財産分与は結婚から別居までに形成された財産を分与するものであるため、その前後の財産の得喪は関係ない。婚姻費用は請求時が重要なためお早めに。
離婚

弁護士×FPだから相談できる、離婚後の仕事

一般の法律事務所は、離婚後の生活には関与しないが、当研究所では、弁護士兼FPが離婚手続と同時並行で離婚後のライフプランニングにも協力し、再就職先を早めに決めて先手先手の離婚手続をサポートするサービスを提供しています。離婚相談は弁護士兼FPへ。
離婚

弁護士×FPが強く推奨、離婚前にライフプランを描こう

一般に弁護士は離婚のサポートは行うが、その後の生活までは関与しません。当研究所では、弁護士兼FPが先にライフプランニングを定めて先手の離婚サポートサービスを提供します。事前メール相談を充実させ、離婚手続後半は離婚後の生活設計を手厚くサポートしています。
離婚

不倫の証拠は顧問弁護士を活用しながら探せ!

弁護士に離婚案件を本依頼した後では、証拠が不足していても後戻りしにくい。まずは相談を重ねてきちんと証拠を押さえてからアクションに出るべきである。当研究所では不倫に関する間接証拠の組み立て方や、探偵に依頼するタイミングの限定方法などの相談も対応しています。
離婚

自宅の財産分与を受ける際の留意点 弁護士×CFPが解説

自宅の財産分与を受ける際、ローン残高や、共有財産の総額に気をつけなければ落とし穴にはまることを弁護士・公認会計士が解説。ローンが承継できるかどうかの事前確認が大事であるほか、共有財産における自宅の割合に応じて贈与税や譲渡所得税が発生する可能性に注意。
離婚

財産分与は戦争、弁護士への早めの相談・対策を!

財産分与は離婚手続よりも対立が激化するケースもある。当研究所では、事前メール相談を通じてバッチリ証拠を押さえ、万全の体制で財産分与手続をサポートします。特に相手方の証拠の隠匿と過剰な浪費に対してどう対応するかといった難しい問題にも対応します。
タイトルとURLをコピーしました