起業

起業

起業したけど売上があがらない、とならないために起業前までにすべきこと

売上獲得に特効薬はなく、起業後に慌てても売上は急にはあがらない。起業前にAISASのAISまでを入念に行い、十分に商品認知を進めておくことが不可欠で、これにより、その後の口コミ喚起も活発になり、円滑な事業活動を展開しやすくなる。
起業

企業パーパス(理念)はいつ、どのように決める?

企業パーパスの設定が重要です。いきなり策定するのは困難ですが、ある程度のターゲット層と提供内容が定まってきた段階で、その層への貢献を通じて社会に何をもたらすのかをしっかりと考え込んでおくことで、後の迷う局面で道を踏み外すリスクを低減できる。
起業

起業に必要なものを集めていく手順

起業にはまずはアイディアが必要だが、ゼロから考えるのではなく、既存の事業の改良を考えるべきである。次に確保すべきは技術・仲間であるが、仲間の方が運頼りになりがちであるため早めに集め始めた方がよいかもしれない。事業計画が描ければ資金確保はそう難しくない。
起業

起業の基本は主語を自分に置き換える

起業は失敗したくないため、どうしても顧客ニーズや他の成功者の手法に注目がいきがちですが、主語はあくまで自分です。自分にできて得意なことをどう提供していくかという観点で起業は考えなければ失敗しがちであり、また、無理をしても長続きしません。
起業

起業時こそミッション・ドリブン経営を

起業当初は、その企業は何を社会に提供するのか、「ミッション」を明確にすることが大事です。これにより、従業員一人ひとりが考えながら、一体的により良い方向へ歩んでいくことが可能となります。ミッションはわかりやすく、かつ、オリジナリティを出す必要があります。
起業

起業時のSDGsの意識が報われるコツ

起業当初もSDGsに的を絞って取り組むべき場合があります。まずは自社の持続可能性の確保、次に地域のニーズに答えての地域のSDGs、さらにサプライチェーンの共存を目指す取引相手とのSDGs。通常業務へのプラスアルファは大変ですが、こうした取り組みにより企業の地盤はより確かなものになります。
起業

起業時の商品戦略とPR戦略の勘所

起業時の売上は大変不安である。ありきたりな商品を提供する場合、対象を絞り込んで顧客層の満足の最大化に努めるべきであり、品質の高い商品を提供する場合、早めのPR戦略が有効である。いずれにせよサービスの充実とアンケートの活用は必須である。
起業

売上に自信がないときは「半分起業」から始めてみる

初年度の売り上げに不安を抱いている方には「部分開業」をお勧めする。本業と副業のように生活資金を確保しながら、売上目標が達成できる範囲で小さくビジネスを始めてノウハウを蓄え少しずつ大きくしていく手法である。これによりいきなり本開業するリスクが低減できる。
起業

事業計画は厳しめに作成せよ

倒産理由として人手不足が急速に高まっています。少しでもブラックな企業には人が寄り付かず事業運営の継続は難しくなりつつあります。これまで通用してきた事が通用しなくなるこれからの時代、起業の失敗リスクを抑えるためには、厳しめの事業計画を作成することが不可欠となる。
起業

現代流の営業は攻めと守りのバランスが大事

起業における営業は難しいと考えられがちであるが、昔ながらのプッシュ戦略一辺倒というわけではない。まずはプル戦略で潜在顧客を引き込み、そこからショートカウンターで端的なプッシュ戦略で自社のメリットを短時間で伝えるのがセオリーになりつつある。それならばできそうだと思えれば、是非起業を目指すべきでしょう。
タイトルとURLをコピーしました