事業再生

事業再生

借りるなら言われなくとも返済計画を練ろう

コロナ特例貸付の焦げ付きが拡大している。行政側の審査不足が原因であるが、借りる側にも責任感が不足している。借り入れたお金は返すのが当然であり、これを果たすためには、家計簿の作成と、使いすぎたお金の穴埋めを考えることがセオリーである。補助金の活用も検討されたい。
事業再生

不採算部門の清算方針であなたの相談相手の本気度がわかる

不採算部門を切り出す事業再生は意外に大変で、税務リスクが高い。そのため、慎重に対応する必要がある。切り出して売却するにしても、人員を整理するにも、事業再生の本質的な目的を見据えて丁寧な対応のできる優れた専門家に相談すべきである。
事業再生

借金整理の相談はいつすべきか

借金が返済不能になってから専門家に相談しても破産一択である。それよりも前、不安を感じた段階で相談すべきであり、相談内容も決して借金整理だけでなく、使える補助金の活用や収支管理、現預金管理の方法など実は多様な引き出しがあり、自身に最善な方法を模索できる。
事業再生

「全員一致」のハードルはいかにして下げるか

私的整理は全員一致が原則である。しかし、時に過去の不誠実な対応等により、1行だけ合意してくれないケースもある。こうしたケースを回避するために誠実さは重要であり、これを補うために、弁護士や公認会計士等の専門家の協力を仰ぐことが重要である。
事業再生

私的整理の成否は双方の透明性と誠実性に依る

私的整理は透明性の低い手続であるからこそ、当事者双方に透明性と誠実性が求められる。事実を隠したり数字を改ざんするなどは論外で、最初から結論をきめつけて対応するのではなく、お互いにすべてを出し合ってその中で最善を模索する姿勢が不可欠である。
事業再生

事業再生時における事業整理対象の選別の観点

事業再生における残す事業の選別においては、収益性と成長性の2軸で考えるのが望ましい。成長性の高い領域では、現在の収益性に関わらず追加融資を受けて事業を伸ばしていき、成長性は低いが収益のあがっている事業は将来的な方針転換を、それ以外の事業は撤回を検討すべきである。
事業再生

再生計画案を銀行に受け入れてもらうためのちょっとしたコツ

私的整理において、再生計画案が金融機関に受け入れられないケースはしばしばあるが、その主な要因として、自らの甘いシナリオで計画していることが挙げられる。そうではなく、自社のどこにメスを入れ、どう変えられるかを数値で具体的に説明できることが先決である。
事業再生

二度と借金で失敗しないために、家計簿を作れるようになろう

破産手続にあたって家計簿を作れない方が意外に多い。しかし、家計簿も作れないようでは借金をチャラにしてもすぐにずるずる債務超過に陥ってしまうのではないか。家計簿は過去の事実の把握よりは、将来の予算管理の手法として大事であり、借金に苦しまないためにしっかり作れるようになるべきである。
事業再生

事業再生において、初心に返るべきところと返るべきでないところ

事業再生で頓挫するケースとして、スポンサーがついた時点で安心し、十分な販促をしなかったケースが散見される。再生突入により、既存顧客からの信頼は失墜しており、この段階で、初心に返って、何がどう再生で変わったかを丁寧に顧客に説明することが必要である。
事業再生

「攻めの」債務整理 ~個人編  弁護士×FPの新しい取り組み

一般的な債務整理手続では、弁護士資格を有しない事務員が対応して、借金の整理だけを行います。しかし、当研究所では、弁護士兼FPが収入状況の改善や出費の管理能力を高めて、個人収支の改善を促すことにより、あなたの生活を抜本的に改善することに尽力します
タイトルとURLをコピーしました