事業再生

事業再生

学習塾の倒産件数急増に見える経営戦略

学習塾の倒産が増加している。教育産業は利益率が高いのが魅力だが、競争が激しく、優秀な講師の確保が生命線を握る。これは人的資本への投資と定着の重要性そのものであり、サービス産業こそ、優秀な人材の確保と成長への投資を怠ってはいけない。
事業再生

倒産件数が増加傾向!倒産原因から先手を打つ

今年の倒産件数が増加傾向にあります。その理由を分析すると、コロナ禍は別として、仕入の増加を価格に転嫁できなかったケースが圧倒的に多く、値上げして、それにより売上が減っても組織を適当な規模に縮小して、人件費に還元して利益のあがる組織を維持する必要がある。
事業再生

窮境原因は何?

窮境原因の特定は意外に難しい。まず、外部環境の変化に求めては論外であり、人やその考え方の変化に柔軟に対応する必要がある。また、時間を区切るとどうしても結論ありきで勝手な想定に寄せようとする傾向もある。ゼロベースで真の原因を追求することが必要である。
事業再生

黒字倒産よりも危険な人材不足による倒産

資金繰りよりも求人の方が致命的になりやすい。人手不足に加え、キャリアを強く意識する最近の従業員は安い賃金では集まらないし、定着もしない。対策は、広い意味での職場環境を徹底的に整えて働きやすさを訴求することで、昭和の考えに固執する人には改善を促す必要がある。
事業再生

もしもジャニーズ事務所を救済するスポンサーが現れたらどのような事業再生が可能か

ジャニーズ事務所の賠償義務はおそらく企業単体では支払いきれず、スポンサーが必要と考えられます。その際、どのような手法が可能で、それぞれにどのようなメリットや課題があるのかを、法律・会計・税務にまたがって総合的に解説します。
事業再生

訴えられる前に対処せよ

訴訟提起されてから慌てて弁護士に相談に来る方はその時点で損しています。訴訟提起されている以上、訴訟上の和解となり、これは強制執行できるためイニシアチブを相手に奪われてしまうからです。このほかに仮差押えも厳しい手続きで、そうした手続きの前に解決べきです。
事業再生

かわいい企業には旅をさせて親離れさせよ

経営者保証ガイドラインを活用してせめて経営者の破産は回避しようと弁護士は奔走しますが、経営者の保証を外せないのは、資産分離が十分にできておらず、経営者自身に原因があるケースも多く、損得勘定は別にして早期に会社を親離れさせることが大事です。
事業再生

その廃業の決断、ちょっと待った!視点を変えて現代流の事業再生を

M&A型の事業再生が増えています。見知らぬ企業の買収される不安はあるかもしれませんが、実はこれが再生会社に必要なリソースを効果的に補充する大事な手法で、大切なものを次世代に残すために専門家の助言を聞きながらうまく活用することが望まれます。
事業再生

デパートの事業再生に見る駅前物件の在り方

デパートの事業再生が増えている。多くは、売り場面積を大きく減らして、オフィスビルに転向する事例である。首都圏などでは個性を打ち出した商業施設とすることで業態を維持することができるケースもあるが、地方では情報発信源としての機能が求められる。
事業再生

資金繰りを感覚的に把握するために理解しておくべきここだけは!

資金繰りを失敗すると、事業自体は順調でも一瞬で破綻に追い込まれる危険がある。資金繰りを常に正確に把握することは困難であるが、キャッシュコンバージョンサイクル、非資金項目、非常な資金の出入りを押さえておけば、危険を低減させることができる。
タイトルとURLをコピーしました