相続・事業承継

相続・事業承継

アクシデントに備えた最低限の終活の準備を

急なアクシデントで身元不明で亡くなるケースも増えています。その際に勝手に火葬されたり、遺産相続で大きな問題を残すことが多いため、油断せずに、急なアクシデントに備えてスマホや保険証は、常備し、遺産整理も始めておくのが望ましいです。
相続・事業承継

解決できる空き家問題とそうでないケース

空き家問題は要は相続人の誰かの単独登記にできるかどうかがカギ。単独登記にさえできればなんとか解決可能であるが、二次相続・三次相続が発生して移転登記ができなくなった段階ではもはや解決は物理的に不可能で、次の相続にあたって相続放棄で解決するよりほかない。
相続・事業承継

空き家を相続放棄するか否かの判断ポイント

相続放棄件数が過去最高を記録しました。背景には、相続登記義務による負担増加があると考えられます。しかし安易に相続放棄すると大事な相続財産まで放棄を余儀なくされるケースもあり、どのような場合には相続し、どのような場合には放棄すべきかの判断ポイントを総合的に紹介しています。
相続・事業承継

保険代わりの家族信託の活用を

様々な保険には加入するのに痴呆対策は遅れているご家庭は多いです。しかし、被相続人はいつ痴呆になるかわからず、痴呆になってしまうと、預金の引き出しなどが制限されてしまいますので、早めに家族信託を設定しておくことで、費用を抑えながら生活を維持できます。
相続・事業承継

終の棲家。その真の価値はいくら?

不動産は相続税評価とは別に様々な評価方法があります。居住価値は限りなく大きくなる半面、老朽化したマンションは逆にマイナス価値であるケースもあります。また、その不動産をいつ売るかは所得状況に応じてケースバイケースで考える必要があり、専門家にお早めに相談を。
相続・事業承継

遺言だけじゃない。相続前にしておくべきこと

相続前にすべきことは遺言書作成だけではありません。銀行口座の集約、墓石の購入、不要物の処理、パスワードの書き出し、エンディングノートの作成など、状況に応じて柔軟な対応が必要です。当研究所では相続以外の手続についても全面サポートいたします。
相続・事業承継

相続対策の不動産投資のポイントを相続財産の状況別に解説

相続税対策として不動産投資を考えるのはセオリーだが意外に難しいです。富裕層はタワーマンションの上層階を購入しますが、その後の売りやすさや近時の判例対策が必要となります。節税効果だけでなく購入した物件の売りやすさや売価が購入額と乖離しないことも重要となります。
相続・事業承継

引き取り手のない遺産600億超の恩恵にあずかる方法

引き取り手がなく国庫に帰属する遺産が年々増加して600億を超えている。こうした財産を少しでも相続するためには、まず相続人のいない方はお世話になった方への遺言作成、相続人としては親族との最低限のコミュニケーションを通じて隠れた相続財産の早期把握が考えられる。
相続・事業承継

相続に必要な現預金の捻出法

相続時には現預金が必要となる。被相続人夫婦の生活の他、現物分割の難しい相続財産ばかりのケース、相続税の納税資金の必要なケースなどである。そうした資金の必要なケース毎にどのように資金を準備すべきか、実戦的な手法を整理した。
相続・事業承継

遺言はこのような時に準備せよ

遺言書を作成しておいた方がよいケースとしては、相続人の仲が悪いケースのほか、相続人と被相続人の距離感に差があるケース、特定財産の帰属で揉めるケース、手続負担の緩和を目指すケースなどがある。自分で考えず、経験豊富な専門家に相談して適切な対応を模索すべきである。
タイトルとURLをコピーしました