tomtom

クイズ

空いた時間に集客用のコラムの執筆を頼まれるのですが、断ってよいでしょうか?

SEO対策のために、従業員の空いた時間に執筆を依頼する企業は増えています。では、これを雑用だと断ってよいのか。パワーバランスが最近やたらと強い従業員側から「雑用」認定して断ってよいかは難しい問題があります。
リスクマネジメント

攻めの人材と守りの人材の公平な評価

人事評価を誤ると優秀な従業員の離職を招きがちである。とはいえ、公平な基準策定は難しいが、攻めと守りを分けて、部署ごとに個別に評価をしたうえで、不公平が生じないよう、全体のバランスを調整する手法が1つ有益である。
クイズ

夫婦間で過度に干渉されずに「自分の時間」を持つためには

寝る前に「私の好きなところたくさん挙げて」と言われて殺意を感じた方も少なくないのではないでしょうか。パートナー関係はできる限り優先すべきですが、パートナーとだけで社会生活を営んでいるわけではないので、限界があります。ポイントは優先度をしっかり話し合って、パートナーを優先すべき局面とそうでない局面とをわかりやすく分別することです。
コンサルティング

成功報酬制の罠。かえって中途採用の手間が増えていませんか?

中途採用市場は激化しており、転職エージェント丸投げは悪手である。欲しい人材像を明らかにしてスピーディに対応する体制をまず整えることが、エージェントを活用しながら中途採用市場を制する大きなカギである。
クイズ

クレーマーなど生産性の悪い客は断ってほしい!従業員が顧客(仕事)を選べる条件とは?

クレーマーや、著しく安い金額の仕事など、従業員目線では企業に断ってほしい仕事でも、売上高至上主義に企業は、とりあえず何でもかんでも受けて誰かに任せることをやめません。その結果、生産性が落ちたり、ミスが生じたりする可能性も顧みらずに。 こうした企業は、売上高至上主義のリスクを知ることがまず大事で、仕事の受けすぎによる業務ミスや従業員離職のリスクを把握することで、生産性の向上と従業員の保護を両立させる方針に気づくことができます。
コンサルティング

自動化を予定するなら複雑なサービス体系は悪手

きめこまやかすぎるサービスで差別化を試みるのは悪手で、自動化ができなければ収益を圧迫する。自社従業員の対応能力をうまえ、ロボットによる自動化のできる範囲にシステムをまとめなければ結局損をするのは企業である。
クイズ

若者には当然?「宴会を断る権利」

若者を中心に酒離れが進んでいます。背景には、 ・自分の時間を確保したい ・給料は自分のために使いたい ・気をつかって楽しくない ・翌日の仕事に差し支える などあります。 パワーバランス上、若手社員に辞められてこまる職場は増えており、飲み会強制はもはや相当な時代遅れで、この権利自体は当然認められるものですが、チーム仕事をする以上は、宴会に出ない分、ランチなど他の場面でコミュニケーションを補うことが重要です。 #宴会 #断る #タイパ #コスパ #飲みニケーション #他で補う
コンサルティング

コラボはシナジーを起こして初めて有効

異業種コラボは有効な手法であるが闇雲になんでもやればよいというものではない。シナジーを起こせず単純な1+1=2であると、顧客にはがっかり感が残りがちである。コラボをする際にはシナジーを意識したうえで最終的な利益配分をきちんと合意に落とし込むまでが必要である。
クイズ

事後的に不適格者との契約を解除する権利

保険や電動キックボード事業などは、最初は顧客の入口を広げなければビジネスが成立しない反面で、途中で不適格者を追い出せないとやはりビジネスが成り立ちません。契約段階で相手の素性を把握できないため、契約に一定の解約条件を明記して、事後的に契約を解除できる、「出口も広げる」工夫が重要です。
クイズ

新入社員の「配属部署を選ぶ権利」は認めるべきか

採用活動の激化や新人がすぐに辞めることなどから、新入社員の入社にあたって様々な約束事を取り決める企業は増えています。とりあえずその社員を入社させたい、定着させたい、という面では有効ですが、もう少し長いスパンでキャリアプランニングを考えなければあまり企業の課題解決にはつながっていないでしょう。
タイトルとURLをコピーしました